読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三次元より二次元が好き

このブログは美少女ゲームの感想、プレイ日記を綴ります。

プリズムリコレクション攻略5日目、初咲雛乃ルートクリア

プリズム◇リコレクション!  初回限定版

 プリズムリコレクション、雛乃ルートクリアしました。

雛乃ルートでは、図南市のシステムサーバー<<アルドナ>>がキーワードとなります。ルート序盤は、☆☆☆部に入った依頼を解決するために奮闘します。依頼人に会いに温泉地に訪れるのですが、そこで出てきたキャラがすごい気に入りました。

f:id:yukatoto:20130305221401j:plain

温泉街の旅館の若女将、大島ひかりさんです。

やはりこの人も変わっているキャラクターなんですが、声優がまきいづみさんということが、変人だらけのこのゲームで、記憶の中に埋没せずに印象が残りました。まきいづみさんと言えば『スズノネセブン!』のヒロイン、代官山すみれの姉として声を演じていましたが、今回は女将さんの声を当てています。女将さんはいちおう主人公の幼馴染なのですが、このキャラからまきいづみさんの声が出てくるとは予想外でした。これが、ギャップ萌えというものですね。

 

さて、物語中盤で女将さんの依頼が思わぬ形で事件へ発展してしまいます。雛乃ルートの山場です。『カミカゼエクスプローラー』のように、事件解決してハッピーエンド、そしてエンディングとなればよかったのですが、事件の発生は物語の中盤です。それ以降は、主人公の昌信と雛乃のラブラブな展開が続いていきます。

恋人の物語がとにかく長いです。

たしかに恋人となった後の話は重要ですが、このシナリオ構成は人を選ぶのではないのでしょうか。

山場を物語の中盤に入れてしまったため、エンディングを迎えるまでが後日談と受け取られ、話がだらだら続けているように感じられました。

私は、『カミカゼエクスプローラー』のように、事件解決でエンディングを迎えたほうが、まとまった感じでよかったと思います。

 

雛乃ルートの見所は、親友のこのかとの掛け合いです。雛乃がこのかにいじられるのがとてもおもしろかったです。雛乃はいじられて輝くキャラクターですね。 雛乃の姉詩子さんは、ボケ担当だけあって、身体を張ってボケてくれます。雛乃ルートで一番輝いているキャラでした。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ