読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三次元より二次元が好き

このブログは美少女ゲームの感想、プレイ日記を綴ります。

百合ゲーな星彩のレゾナンス攻略1日目、もっふもふな髪、向山奈岐√

 

2013年2月22日に発売された、『プリズム◇リコレクション』と同じ日に発売となった『星彩のレゾナンス』。バトル要素があり、主人公が女の子という百合ゲーです。『マテリアルブレイブ』をプレイしている私にとって、バトルモードの方はとても気になるところ。

さて、体験版との違いは何かないかなと注意深く見ていましたが、目立つ変更点はありませんでした。

f:id:yukatoto:20130227073303j:plain

ゲームをはじめからスタートさせると、難易度が選べるようになっています。難易度は3段階。私は一番簡単なものを選択しました。おそらく難易度を変更すると、敵の強さ、バトルの回数が変わると予想しているのですが。

体験版では、学長に巫女としての質問をされるところで終了となっていました。おそらく、その質問でどの巫女候補とパートナーになるのかが決定されるものと思われます。

質問は4つ。

どの選択肢でそのヒロインと組むのか、まったく予想がつかなかったので、自分で「これかな」とピンと来る選択肢を選んだのですが、その結果……

パートナーは向山奈岐に決定しました。

まさか、これでルート確定ですかっ!?

体験版の後のストーリーですぐに個別ルートに進むとは思いませんでした。

おそらくバトルモードを楽しむためにそのように作っているのだと思います。

 

f:id:yukatoto:20130227074519j:plain

向山奈岐は、禰津先輩からナギっちと呼ばれている背が小さいけど鼎より年上な女の子です。

その特徴的な色素の薄い髪は、鬼子と呼ばれる人の特徴です。

制服の上にマントを羽織り、もふもふな髪を持っています。

巫女候補でありながら巫女候補の集まる御花会の活動に参加せず、いつも単独行動をしている奈岐とパートナーになってしまった鼎。巫女になるためには、巫女候補同士の模擬戦に参加しなければならないのですが、奈岐は拒否します。その理由は、奈岐とふれあう中で分かってくるのですが、鼎もその理由に共感して行動を共にすることに。そこから二人の距離は徐々に近くなるのですが……。

 

f:id:yukatoto:20130227075720j:plain

体験版では、ほとんど正面しか見れなかった立ち絵ですが、後ろ姿を見て、はじめて見られるフード。まさかマントの後ろが可愛らしい狼だったとは!

上級生として、何かと教えてくれる奈岐ですが、細かいところに可愛さを隠しているところがまた良いキャラクターです。

なかなか難しい話をしているのに、本人はこの可愛さ。このギャップに萌える。

もちろんフードをかぶった立ち絵もあります。

 

一対となる巫女候補とパートナーになる時点でルート確定という早い展開に驚きを感じましたが、それだけにどんな結末を迎えるか予想がつきません。どんな百合物語が展開されていくのでしょうか。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ