読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三次元より二次元が好き

このブログは美少女ゲームの感想、プレイ日記を綴ります。

星彩のレゾナンス攻略7日目、向山奈岐ルートトゥルーエンドクリア

星彩のレゾナンス

星彩のレゾナンス、前回の通常エンドがBADだった悲しみを塗り替えるために、向山奈岐ルートを再度攻略しました。

通常エンドからのルート分岐は、終盤に差しかかってからになります。

鍵となるのは、ヒロインたちが持つ星霊石。

このルートでようやく分かる『星彩レゾナンス』の意味。

f:id:yukatoto:20130227075720j:plain

向山奈岐ルートはなぜ2つのエンディングが存在するのか。1周目では気づきませんでしたが、奈岐ルートは物語の中で異変解決のための方法が2つ提示されています。ルート解放されていない状態だと、事件は解決するけどBADエンドになる方法を選択してしまいます。

なかなか捻られた伏線の張り方でした。

そして、解決した後の島の様子が語られるエピローグですが、どのルートも鼎とヒロインしかスポットを当てていないのですが、向山奈岐トゥルーエンドは他のヒロインにスポットを当てていて良かったです。

最後の奈岐の一言はとても強烈でしたね!

奈岐の愛情がその一言にすべて込められていました。

 

最後に、ここまでプレイした感想です。

このゲームは向山奈岐ルートをメインヒロインとしたものだと思いますので、奈岐が気に入ったキャラクターなら買って損はないでしょう。風間由布をパートナーとしたルートは、表現の不足が目立ち、物語の長さも少ないので、残念でした。メインである奈岐ルートを差別化するための位置づけなのか、それとも伏線だったのかは想像するしかありません。エンディングが2種類ある奈岐は、2周目をプレイしても既読スキップしたくないほど、キャラクターの可愛さが表現できていた文章構成でした。

八咫烏さんには、また百合ゲーを出してほしいです。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ