読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三次元より二次元が好き

このブログは美少女ゲームの感想、プレイ日記を綴ります。

『LOVELY×CATION2』体験版をプレイした感想


LOVELY×CATION2 -Love whitch continues ...

 

2013年4月26日発売予定の美少女PCゲーム『LOVELY×CATION2』の体験版をプレイしました。前回の『プリズム◆リコレクション』の濃いキャラとは正反対のまったりとした雰囲気に癒されます。

最初に、体験版タイトル画面で流れる音楽が出す穏やかな雰囲気に驚きました。この音楽を聴いているだけで、ゆったりとした時間を過ごすことができそうです。

f:id:yukatoto:20130407185703j:plain

次に主人公の名前の変更、呼称が選択できました。

普段は名前変更不可なゲームが多い中、呼称まで選択できるとは!

さらに背景グラフィックの美しさと水面に反射する光の表現が、ゆったりとした雰囲気を出して、プレイヤーに安らぎを与えてくれるようです。

f:id:yukatoto:20130407190041j:plain

このゲームのポイントは3つ。

1つ目はラブリーコールシステム

これは、主人公の名前を変更できる。つまり、自分の名前でプレイすることができます。でも、それだと他にも名前変更できるゲームが存在するので、普通なのですが、このゲームはそれだけではありません。ヒロインによって、呼称のパターンが用意されており、好きな呼称で彼女(ヒロイン)が呼んでくれるのです。

つまり、プレイヤーと彼女のひとときを現実に近いカタチでプレイすることができるのです。

2つ目は趣味同調システム

ここが普通の選択肢のあるゲームと違うところです。プレイヤーがヒロインたちの趣味を把握し、主人公を育成させて、彼女好みの人物に近づけることができるのです。それによって、好感度も変わってくるのだとか。

f:id:yukatoto:20130407191126j:plain

『マテリアルブレイブイグニッション』のような探索マップがあり、店の商品を購入することで、主人公の能力を上げることができます。

自分を鍛えることで、彼女がどのような変化を見せてくれるのかもプレイしていく上で楽しみになりますね。

最後に、アペンドライフシステムというのがあるようです。これはゲームの公式ホームページで紹介されているのですが、どのようなものなのかは購入してからとなりそうです。

4人のヒロインたちに関してはみんな美人としか言えません。そんなヒロインたちと恋愛を楽しんでいくのがこのゲームの特徴です。また、サブキャラクターもおもしろい人ばかりで、隠れたおもしろ要素です。特に、神社の住職のおじいさんのキャラは笑えました。

音楽、グラフィック、システムのどれも高い品質で体験版でも満足ができました。

穏やかな雰囲気と彼女と過ごす甘い日常を体験でき、癒されたい人にはおすすめです。

 

 

 

 

『LOVELY×CATION2』を応援しています!

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ